Beall Fig(ビオール)

Beall

シノニム: DFIC 27, Beale, Belleclare #11, Beale
夏秋兼用品種
果実の大きさ:70g
果皮:薄茶色~黒に近い紫
果肉:琥珀色
耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~1.8度)(北海道以南~沖縄より北)
原産地:カリフォルニア

1922 年にカリフォルニア州サンタクララバレーで W.A. Beall によって発見された品種で、南カリフォルニアで人気があります。

特徴・味・耐寒性・栽培

  • 果実は、70gほどの中~大の大きさで、果皮は薄茶色~黒に近い紫で完熟すると亀裂が生じることもあり、果肉は琥珀色です。
  • 味は、果皮は非常に薄くなめらかな肉質で、とってもジューシーで甘い桃の味がします。
  • “100%熟した桃で、目を閉じていれば違いが分かりませんでした。他のものとはまったく異なり、間違いなくキーパーです。”との味の評価もありました。
  • 耐寒性:強 耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~1.8度)(北海道以南~沖縄より北)

イチジク畑のBeall

【2023/6/17】
4月22日の挿し木が大きくなり根も少し張ってきたので、1週間前より水溶性肥料を肥料を与えています。もう少ししたら鉢に移し替えます。