Capoll Curt Negra

Capoll Curt Negra

シノニム: Capoll Curt, Capol Curt Negra
夏秋兼用品種?
果実の大きさ:50〜65g
果皮:黄緑・茶・赤紫色
果肉:赤~深紅
耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)?
原産国:スペイン

米国では愛好家からの評価が高いですがまだかなり珍しく、果実も大きくて美味しく、雨にもある程度強いので、今後が期待されている品種です。

Martinenca Rimada・Bordissot Negra Rimada・Col de Damaシリーズなどを広めたイチジク研究科のスペインのリュックマジョール・バレアレス諸島のモンセラート・ポンス・イ・ボスカナのコレクションの一つです。

Coll de Dama Rojaと類似しているとの論議も栽培しながら記載していきたいと思っています。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、50〜65gほどのやや大きめのサイズで、果皮は黄緑・茶・赤紫色で、果肉は赤~深紅です。
  • 味は、非常に甘く、ジャミーな食感、マイルドシードクランチで、生育条件に応じて、黒砂糖、糖蜜、メープル、ベリー、プラム、ピーチなど、さまざまな風味が生じます。
  • 耐寒性:やや強 耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)?
  • 通常3裂葉を付け、シーズンの初めから中頃に収穫され、熟すと果皮にひび割れが生じやすいです。
愛好家A
愛好家A

今まで食べたイチジクの中で一番美味しいです。トップ 10 には入ります。5 位以内に入るかもしれません。実がなるまで数年かかりますが、間違いなく価値があります。

愛好者B
愛好者B

Harvey C’sで開催されたイチジクの試食会で、ジョー・ヒューイットはこれをイチジクの王様と呼んでいました!!!!

愛好者C
愛好者C

割れ目があり、風味がたまらないとても美しいイチジクです。砂糖漬けのベリー!

愛好者D
愛好者D

それは私のトップ10に残っており、イチジクは本当に素晴らしいフルーティーな風味があり、私が味わったどのイチジクとも異なり、本当にユニークな風味があります。

アメリカの育苗業者でSNSの発信者【Figaholics

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

Capoll Curt Negra はスペイン産のイチジクで、当社ではシーズン中盤です。果実の皮は赤みがかった色、茶色、そして少し緑色が混ざった独特の色です。この果実は完熟まであと 1~2 日でした。熟した果実はかなり濃厚な風味で、非常に甘く、ジャムのような食感で、種の歯ごたえは穏やかです。当社の Web サイト figaholics.com で、熟した果実の写真へのリンクをご覧ください。

イチジク畑のCapoll Curt Negra