Coll de Dama Roja Fig(コル デ ダマ ロハ)

Coll de Dama Roja(コル デ ダマ ロハ)

シノニム: Col de Dame Roja, CdDR, CdD Roja, Col de Dame Roja, Coll de Dama Rossa, Col de Dame Rosa, SMN068IB
秋果専用品種
果実の大きさ:40g
果皮:淡い黄緑~淡い褐色
果肉:ダークレッド
耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道南部~沖縄より北)
原産国:スペイン

この苗木の母木は Coll de Dama Mutante の発見者であるスペインの Calros Jimenez Lopez 氏が発見し栽培していたようですが、他の“Coll de Damaファミリー”と同じようにスペインの地中海のマヨルカ島にある試験的なイチジク園 (Son Mut Nou) で紹介されています。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は首の長い洋ナシ型で40g前後の中型で、果皮は淡い褐色で紫の縞が入り、樹上完熟させると亀裂が生じ、果肉はダークレッドです。
  • 味は、とても濃厚でとろみがあり、水っぽさはなく、ゼリーのような食感です、甘すぎず、種のクランチも少なく滑らかな舌触りを持ちます。
  • 独特の芳香があり、樹上完熟させるとさらに格別の風味を味わうことができます。
  • 秋果専用品種で9月から10月にかけて収穫されます。
  • 耐寒性:強 耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道南部~沖縄より北)
  • Coll de Dama Rojaは、生で食べるだけでなく、ジャムやコンポートなどの加工品にも用いられます

歴史

現在、フランチェスク・ミールによってLluchmayor (マヨルカ島の西海岸)の自治体の「ses Cosmes」にある母木から切り出された、バレアレスのイチジクの木のコレクションで、Montserrat Pons i Boscana(モントセラト・ポンス・イ・ボスカナ)がそれを紹介しています。

‘Coll de Dama Roja’ という品種は、Lluchmayor の自治体にある “son Taixiquet” に由来しますが、ほとんど知られていませんが、栽培されています。 コル・デ・ダマのように開いた形と、本来の肌の色から名付けられたようです。

特徴

‘Coll de Dama Roja’ イチジクの木は、一般的なイチジク タイプの単生品種です。 中程度の成長の木、中程度と高い間の活力、丸みを帯びたクラウンと非常に太い枝。 葉はほとんどが 3 裂、5 裂 (10%) です。 葉には現在の歯と波状の縁があります。 ‘Coll de Dama Roja’ はイチジクの繊細な剥離が少なく、1 本の木あたりの収穫量は中程度で、収穫期間は長いです。 円錐形の頂芽は黄緑色です。

“Coll de Dama Roja”の果実は洋ナシの形をしたイチジクで、長さ x 幅: 42 x 56 mm、中型の果実の平均重量は約 35,780 グラムで、表皮の一貫性が強く、皮の厚さは非常に厚く、土のような白みがかった赤です。地色の上に赤褐色。 小孔は 1 ~ 2 mm で、小さな赤い鱗があります。 花柄は1~3mmの円柱状の黄緑色。 微細な縦網状クラックはほとんどありません。 目立つ肋骨。 ブリックス(糖度)27でとても甘く、ガーネットレッドの果肉色をしています。 小さな内部空洞付きです。

主に新鮮な生食用イチジクとして食べられ、中程度の生産性ですが、目が小さく、雨や露、および輸送に対して優れた耐性があります。

有名なアメリカの育苗業者【Figaholics】氏

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

コル・デ・ダマ・ロハはスペインの品種で、典型的なコル・デ・ダムタイプの果肉で、適度な甘さと強いベリーの風味があります。 とても濃厚で美味しいいちじくです。

イチジク畑のColl de Dama Roja(コル デ ダマ ロハ)

【2023/4/27】
3月に剪定した枝から、1か月ほどで新芽がでて特徴的な1枚葉、3裂葉が展開し始めています。