Citrullara(シュトルラーラ)

Citrullara

シノニム:Fico Citrulara, Piombinese,Corvo
夏秋兼用品種
果実の大きさ:70g
果皮:濃い紫または、青みがかった濃い紫
果肉:赤
耐寒性ゾーン:6B~(-20.5~-17.8度以南)(北海道・岩手・福島・長野の一部地域)
Family:Black Missionの仲間
原産国:イタリア

Nocolo Parrino氏【FigsArt byNikky 】が紹介しているイタリア原産のイチジクで、イタリア国内で栽培されているPiombineseやCorvoも同じ品種になります。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、70gほどのやや大きいサイズで、果皮は濃い紫または、青みがかった濃い紫で、果肉は赤色です。
  • ブレバ(夏果)はさらに大きく100g以上になる事もあり、ヘチマのように長い特徴的な形をしています。
  • 味は、とても甘く軽いベリー味で、もっちりとした食感の美味しい品種です。
  • 耐寒性:強 耐寒性ゾーン:6B~(-20.5~-17.8度以南)(北海道・岩手・福島・長野の一部地域)
  • 非常に生産的で、目が小さく雨に強く、樹上完熟もさせ易いので家庭菜園にはおすすめです。

Citrullara=Piombinese

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

これらは、互いに同義であると報告されている 2 つのイタリアの品種です。 彼らは私に非常によく似ていたので、これらの報告は真実である可能性が高いと思います。 このビデオでは、初めてシトルララとピオンビニーズのイチジクを試しています。

イチジク畑のCitrullara(シュトルラーラ)