Crema di Mango(クレーム ディ マンゴー)

Creme di Mango

シノニム: –
夏秋兼用品種?
果実の大きさ:40g
果皮:黄緑色に赤茶の縞~濃い紫
果肉:オレンジ色~赤
耐寒性ゾーン:9B~(-3.8~-1.1)(南関東以南の沿岸部)
原産国:カリフォルニア

Crema di Mora,Crema di Fragolaなどオリジナルのイチジクで有名なSacred Origin(Lee Ann )が、北カリフォルニアの人里離れた地域の溝で見つかったユニークな苗木で、母木は古いものです。

北カリフォルニアで栽培しているため、画像に出てくる果実の写真が受粉(Caprification)されているものもある為、日本で写真のような果実ができるかどうかは不安は残ります。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、40gほどの中程度の大きさで、果皮は黄緑色に赤茶の縞~濃い紫で、果肉はオレンジ~赤色です。
  • 味は、マンゴーの香りと豊かで濃厚な風味とバナナのようなクリーミーなテクスチャーが特徴です。
  • 耐寒性:非常に弱い 耐寒性ゾーン:9B~(-3.8~-1.1)(南関東以南の沿岸部)
  • 耐寒性が非常に弱いため、0度を下回る地域では鉢植え栽培が無難です。

Sacred Origin(Lee Ann )のオリジナル品種

Baklava,Bubble Gum, Pie,Crema di Fragola,Crema di mango,Crema di Mora,Divine,Forbidden,Honey Plum,Gambino,Kiwi,LiVolsi,Edith’s Raspberry Jam,Rodgrod,Weeping Apple Pie

Sacred Origin(Lee Ann )は、The Fig Hunterと同じで、新品種を多数紹介していますが、まだ新しい育苗業者である為、新品種であるかシノニム存在するのか不透明なところがあります。

イチジク畑のCrema di Mango

【2024/2/21】
去年8mmほどの小さく細い穂木を挿し木し、4号スリットで室内で冬を越させた苗です。
寒さに弱いのとあまりに小さい苗の為冬を越すことができるか心配でしたが、新芽もでてきて葉も倍近く展葉しています。