De La Roca Fig(デ・ラ・ロカ イチジク)

De La Roca

シノニム: SMN093IB, De l’hort d’en Fullana (Alcudia), De la Roqueta, Of La Roca
秋果専用品種
果実の大きさ:40g
果皮:黄緑に茶色の縞
果肉:レッド
耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)
耐雨性:あり
目:小さい
原産国:スペイン

“De La Roca(デ・ラ・ロカ)”は、もともと、品種名の由来となったバレス・オリエンタルの町、ビジャフランカ・デ・ラ・ロカの旧公国に由来します。

この品種は、Martinenca Rimada・Bordissot Negra Rimada・Col de Damaシリーズなどを広めたイチジク研究家のスペインのバレアレス諸島・マヨルカ島のモンセラート・ポンス・イ・ボスカナのコレクションの一つで、同じような名前に“De la Gloria”,“De la Reina”,“De la Senyora”などがあります。

特徴

  • 果実は40gほどの中くらいの大きさで、果皮は黄緑に茶色の縞が少し入り、果肉は赤~暗赤色で
  • 味は、かなり強いベリーの風味と甘みがあり、花のような味わいと表現する人さえいます。
  • 適度な歯ごたえのある食感と少し種のクランチがありますが、熟すのが早く、また木の上で乾かすことができるので、簡単に完熟した濃厚でジャミーな緻密な果肉を味わうことができます。
  • 樹勢は中程度で、秋果専用品種で9月上旬から 10月初旬までに成熟し始め、中程度の生産量です。
  • 小孔の開口部および酸味に対して非常に耐性があり、輸送に対する耐性が高く、剥離の影響をほとんど受けません。
  • 耐寒性:弱 耐寒性ゾーン:9A~(-6.6~-3.9度)(東北・中部・関東の沿岸部、関西以南の内陸部以南)
  • 中程度の成長の木で、丸みを帯びたクラウンで、3裂葉が大部分(90%)で、1枚葉が少し(10%)ほどです。

有名な育苗業者でSNSの発信者【Figaholics】氏

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!