桝井ドーフィン(ドーフィン)イチジク=San Piero

桝井ドーフィン

シノニム: San Piero
夏秋兼用品種
果実の大きさ:夏果130~220g 秋果50~115g
果皮:夏果 帯緑紫色 秋果 紫褐色
果肉:ピンク~レッド
肉質:やや粗い
耐寒性ゾーン:8B~(-9.3~-6.7度)(東北地方太平洋沿岸・関東~四国・九州山間部以南)
原産国:アメリカ

日本でフレッシュなイチジクを買おうと思ったとき、真っ先に候補に挙がるのが桝井ドーフィンで、日本のイチジクの市場の約8割を占めるといわれているほど、圧倒的シェアをも品種です。

ドーフィンとはフランス語で皇太子妃という意味で、西洋から来た果物らしい名前です。

特徴・味・耐寒性

  • 果実の大きさは、夏果130~220g・秋果50~115gと大きく、果皮は夏果:帯緑紫色・秋果:紫褐色で、果肉はピンク~レッドで、熟すと目が大きく開きます。
  • 味は、ねっとりとした食感に濃厚なまったりとした甘さがあり、その中にはほんのりと酸味もあり、中央部のプチプチとした食感がさらにおいしさを際立たせてくれます。
  • 耐寒性:少し弱い 耐寒性ゾーン:8B~(-9.3~-6.7度)(東北太平洋沿岸・関東~四国・九州山間部以南)
  • 生食でも十分おいしいですが、ワインでコンポートにすると高級感漂うおしゃれなデザートに変身します。

「桝井ドーフィン」という品種名の由来!

広島県の種苗業者の桝井光次郎氏が1908(明治41)年にフランス人の友人から貰った北米産の苗木をアメリカから持ち帰ってイチジク・ドーフィン種を、温暖で降水量の少ない果物の栽培に適していた兵庫県の川西市で育苗し「ドーフィン」として各地に販売したが、当初のものは夏果しか穫れない「ビオレ・ドーフィン」だたようで、その後本来の「ドーフィン」を取り寄せ導入したところ、夏秋いずれも実が付き、夏果の形状もそれまでのものとは異なることなどから、区別するために「桝井ドーフィン」という名称で販売した、ということのようです。

当時、川西の南部地区は猪名川流域の水はけの良い土壌を活かし、桃やミカンなどの果樹栽培で知られる地でした。桝井氏は川西地区の前川友吉氏と一緒に育成を始め、素晴らしい品種の栽培に成功します。それこそが後の「桝井ドーフィン」です。

その後、その地で栽培、育成。やがて土地に定着し、桝井ドーフィンと呼ばれるイチジクになり、現在生産量が1位である愛知県、2位の和歌山県へと栽培が広がっていったようです。
現在兵庫県はイチジクの国内収穫量としては3位の生産量であるが、桝井ドーフィン発祥の川西市では桝井ドーフィンの生産栽培とブランド化に向けて活動をしています。

川西産いちじく「朝採りの恵み」「朝採り 完熟いちじく 桝井ドーフィン」などの名前で、大阪や神戸など大都市に近い立地条件と、温暖な気候に恵まれた風土を生かした近郊農業として市南部の久代、加茂、栄根地区を中心に約100戸余りの農家が約12ヘクタールの畑で生産。京阪神を中心に年間約400トンが出荷されています。

桝井ドーフィン物語

幼少のころから海外雄飛への夢をふくらませた「桝井光次郎」は尋常小学校卒業後、家業の農業に従事していたが明治35年、好きだったバラの苗木の育て方を習うため単身アメリカに渡った。

この物語は、「桝井光次郎氏」が明治35年、22歳のとき渡米することから始まる。
光次郎氏は6年間カリフォルニアの農場で、果樹、花木類の繁殖、育成の技術を学び明治41年帰国桝井農場を設立。

研修目的だったバラ事業は、日本の気候風土と当時の時代背景にそぐわず失敗。この失敗がなければ、「桝井ドーフィン物語」もなかったのかもしれない。

帰国時にフランス籍の友人の勧めで持ち帰ったイチジク穂3本の苗の生産・販売を始めた。

広島には果樹の大産地がないため他県に出て販売、自転車と汽車を使って全国の農会(今の農業協同組合)や農家を営業して回る。当時全国に苗木を売って歩いたのは桝井農場ただ一つであったという。

光次郎が売りこんだイチジクは、それまでに日本にあった在来種の「蓬莱柿」や外来種の「ブラウンターキー」の2倍の大きさ、また収量も蓬莱柿の2倍、ブラウンターキーの3倍も上がり栽培者の注目を集めた。
新物食いで、目先のきいた光次郎はバラ作りから一転、この新種と思われるイチジクの苗木生産と販売に力を入れ、アメリカ仕込みの苗木生産の技術を駆使し日々、挿し木を行いこのユニークなイチジクの生産に力を入れる。

光次郎は桝井ドーフィン以外にも大正時代に沢山の品種をカルフォルニアより導入しています。
ブラウンターキー、ロイヤルビンヤード、サンペドロホワイト、カドタ、ビオレードーフィン、セレスト、ホワイトゼノア、セントジョイン、オズボーンプロフィック、ホワイトマルセイユ、ホワイトアドリアチックカルフォルニアブラック、ブルンスウィック、ブラックイスキア等々です。