Michurinska-10(Florea)

Michurinska-10

シノニム: Florea,MM10, MM-10, AP, Michurinska 10, Kirillovo, Ali Pasha
夏秋兼用品種
果実の大きさ:30g
果皮:薄紫~茶色
果肉:赤みのある琥珀色
耐寒性ゾーン:6A~(-23.2~-20.6度)(北海道の一部・長野・岐阜の一部地域)
Family:Adriatic (アドリア海のタイプ)
原産国:ブルガリア

ブルガリアの古い地方品種で、ブルガリアとマケドニア、セルビア、ルーマニアの一部の地域でのみ見られる、おそらく世界で最も耐寒性のある高品質のイチジクです。

特徴・味・耐寒性・栽培

  • 果実は、30gほどの大きさで、果皮は薄紫~茶色で、果肉は少し赤色が入った琥珀色です。
  • 味は、小さいですが甘味と強いパンチがあります。
  • 耐寒性:かなり強 耐寒性ゾーン耐寒性ゾーン:6A~(-23.2~-20.6度)(北海道の一部・長野・岐阜の一部地域)
    ※5A~でも栽培できるとの情報も?
  • 8月中旬になったばかりで、イチジクはすべて熟し始めています。季節が短い地域のコレクターにとっては素晴らしいイチジクです。

Michurinska 10 Fig Breba

イチジク畑のMichurinska-10(Florea)