Noire de Bellone(Bellone)

Noire de Bellone

シノニム: Barnissotte, Bellona, Noire de Nice, Figue de Nice
秋果専用品種(Unifera type)
果実の大きさ:50g
果皮:濃い紫
果肉:鮮やかな赤
耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)
原産国:フランス

フランス原産のこの品種は、かつて「イチジクの女王」として称賛され、イチジク栽培の世界でその高い地位を示しました。

Noire de Bellone(Bellone)とSultane(サルタン)は、【Fig Database】Noire de Belloneのページにシノニム(同義語)として記載されていますが、別品種として扱われています。

Sultaneは、Bifera typeです。
Noire de Bellone(Bellona)は、Unifera typeです。
※Bifera type:夏秋兼用品種:夏果(breba)と秋果(main)が収穫出来る品種
※Unifera type:年に1回だけ秋果(main)をつけるタイプ

【Fig Boss】のNoire de BelloneのページでもUnifera typeと記載があります。

また、300種以上のイチジクを保有する南フランス【BAUD社おすすめの28品種の中でも【Sultane】と【Bellone】は、別品種として扱われています。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、50gほどの中程度の大きさで、果皮は濃い紫で、果肉は鮮やかな赤です。
  • 味は、口の中でとろけるほど甘く、微妙なフルーティーな香りを持つ“シュガー フィグ”または“シュガー ベリー”と言えます。
  • 耐寒性:やや強 耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)
  • 生食はもちろん、ジャムでもドライイチジクにしても素晴らしい。

Fig Boss】 Ross Raddi氏の評価

イチジク愛好家は、イチジクの品種の多様性と豊かさを長い間賞賛してきましたが、ノワール ド ベローネはその証です。フランス原産のこの品種は、かつて「イチジクの女王」として称賛され、イチジク栽培の世界でその高い地位を示しました。ノワール ド ベローネの食感は他に類を見ないもので、尊敬されているコル ド ダマ品種を彷彿とさせ、厚みと一貫性は非常に注目に値します。味が美味しいだけでなく、栽培も非常に簡単で、シーズン中期に実り豊かで、湿気の多い気候でも安定しています。その生産性は称賛に値し、木はほぼすべての節に実をつけます。

ノワール ド ベローネの歴史と物語は、その風味と同じくらい魅力的です。フランスではボーという名の有名な種苗業者のおかげでスターですが、米国では驚くほど存在感が薄いです。特にその風味と生育力がヴェルディーノ デルノールやアルジャントゥイユ アティヴなどの最高級イチジクに匹敵するのにもかかわらず、なぜこのような素晴らしい品種が米国でもっと主流になっていないのか不思議です。

ノワール ド ベローネの際立った物理的特徴、特に濃い色調の中に緑がかった皮が、この品種を識別しやすくしています。これまでのところ、その風味プロファイルは、微妙なフルーティーな香りを持つシュガー フィグまたは「シュガー ベリー」に似ています。注目すべきは、一部のイチジク愛好家が追い求めるようなはっきりとしたベリー風味はまだないということです。

SultaneとNoire de Bellone(Bellone)は、違う品種です!

【Fig Database】Noire de Belloneのページより

Sultaneは、Bellona (Noir de Nice)とは異なる品種で、誤ってBellone Unifereと呼ばれています。Sultaneは、Bellonaよりもはるかに丸い果実を持つBifera typeの品種です。Bellona (Noir de Nice)はUnifera typeで、成長が強く、果実がより細長く、形状はブラック ミッション/アルバコールまたはノワール ド カロムの果実とほぼ同じです。

Sultaneは、Bifera typeです。
Noire de Bellone(Bellona)は、Unifera typeです。
※Bifera type:夏秋兼用品種:夏果(breba)と秋果(main)が収穫出来る品種
※Unifera type:年に1回だけ秋果(main)をつけるタイプ

300種以上のイチジクを保有する南フランス【BAUD社おすすめの28品種の中でも【Sultane】と【Bellone】は、別品種として扱われています。

【Fig Boss】 Barnissotte vs Noire de Bellone

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

このビデオでは、バルニソットとノワール ド ベローネの 2 つのイチジク品種を比較し、その起源、特徴、類似点に焦点を当てています。 この記事は、農務省によってフランスから輸入されたバルニソットの不確かな起源を強調し、ノワール・ド・ベローネの絶妙な食感とフランスで珍重される品種としての歴史的重要性について説明しています。 このビデオでは、視覚と味の比較を通じて、両方の品種が非常に似ており、ベリーの風味ではバルニソッテの方がわずかに優れていると結論付けています。

ブログで品種レビューを書いているときにバルニソットの起源を掘り下げた後、さらに詳しい情報を見つけることができました。

「バーニソットはカリフォルニア大学デービス校で栽培されているのが見られます。しかし、その起源は不明であり、この品種に付けられた名前は間違いであるに違いありません。何年も前、バーニソットは当初、Figs4Fun でブルジャソット ノワールと呼ばれる非常に人気のある商業イチジクの同義語であると理論化されました。 何年も前に、愛好家によって栽培されると、これは誤りであることが判明しました。

さらに興味深いのは、彼の単行本の記述がベローネと一致していることです。 ブルジャソット・ノワールではありません。 どこから混乱が生じているのか理解するのは難しいですが、どうやら Condit が原因のようです。 なぜUSDAがコレクションの中でBarnissotteと呼ばれるイチジクを栽培しているのかがわかりました。 ブルジャッソット ノワールまたはブロジョット ネロ フィオレンティーノは平らな市販のイチジクです。 品質は例外的ですが、Condit の説明で説明されているものとは大きく異なり、これらは同義語であってはなりません。