Schar Amber(シャーアンバー)

Schar Amber

シノニム: –
秋果専用品種?
果実の大きさ:60g
果皮:茶色
果肉:琥珀色(薄いオレンジ色~ピンク色)
目:閉じている
耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)
原産国:イタリア?アメリカ?ドイツ?イスラエル?

日本で、広めたLynx Fruit Collectionによると、2010年にルイジアナDurio Nursery社より導入した品種でイタリア原産とありますが?

シャーアンバーの原産国は、ネットで調べても、イタリア?アメリカ?ドイツ?イスラエル?とはっきりしませんが?

Google Bardで“Schar Amber Fig” “シャーアンバー イチジク 原産国”のキーワードで調べてみても原産国は、イタリア、アメリカ、ドイツとはっきりしないですが、ハイブリッドイチジク品種で、ブラックミッションイチジクとカドタイチジクの交配種のようです!

原産国がイスラエルと言われることもありますが、聖地の果物に詳しいイスラエルのハイファ在住のダニー・ヤキル氏によると、“現地ではこの名前で知られている品種は存在しない”と言うことです。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、60gほどの中くらいの大きさで、果皮は茶色で、果肉は琥珀色(アンバー)です。
    ※アンバーとは、琥珀色のこと。
  • 味は、ジューシーで滑らかな食感でスッキリとした上品な甘さがあり、甘みと酸味のバランスがとれたシュガータイプです。
  • 生食が一番ですが、ジャム、コンポート、パイ、クッキーなどの加工品にもよく使われます。
  • 耐寒性:やや強 耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)
  • 美味しく、豊産生で、目は閉じて腐敗に耐え放任栽培でも育つ非常に魅力的な品種で、家庭菜園には特におすすめです。

Google Bard検索結果


Schar Amber Figで検索してもほとんど情報がなく、Google Bardで調べてみましたが、アメリカの品種、ドイツの品種と調べるたびに変わってしまいます。

2023/8/24現在 “シャーアンバー イチジク 原産国”で調べてみると下記のようにイタリアが原産国と出てきました。
※参考の為記載します。

イタリアの品種
シャーアンバーイチジクの原産国は、イタリアとされています。1980年代にドイツで開発されたハイブリッドイチジク品種で、ブラックミッションイチジクとカドタイチジクの交配種です。黄緑色の皮と琥珀色の果肉を備えた大きな楕円形のイチジクで、蜂蜜のような甘くてスパイスのような風味が特徴です。現在は、世界中で栽培されていますが、イタリア産のシャーアンバーイチジクが特に人気が高いようです。

2023/8/24現在、“シャーアンバー イチジク 特徴”で調べてみると!下記のようにアメリカが原産国と出てきます?

アメリカの品種
シャーアンバーイチジクの原産国は、アメリカです。1990年に、アメリカのカリフォルニア州で育成されました。ブラックミッションイチジクとカドタイチジクの交配種です。
現在は世界中で栽培されています。

ドイツの品種
シャール アンバー イチジクは、1980 年代にドイツで開発されたハイブリッド イチジク品種です。 ブラックミッションイチジクとカドタイチジクの交配種です。 シャーアンバーイチジクは、黄緑色の皮と琥珀色の果肉を備えた大きな楕円形のイチジクです。 蜂蜜のような甘くてスパイスのような風味が特徴です。 シャーアンバーイチジクは晩夏のイチジクで、夏の終わりか初秋に熟します。 比較的寒さに強いので、寒冷地での家庭菜園に最適です。

Schar Amber(シャーアンバー)の食味レビュー

Schar Amber Figで検索しても情報があまり出てこないので、他の品種名で呼ばれている可能性があります。

日本での人気なのは、強健、豊産生で、実が付くまでが早く、美味しいとの理由からです。

イチジク畑のシャーアンバー

【2023/5/30】
今年の4/3の挿し木が発根して、コップの穴から根が出てきていましたので、スリット鉢へ植え替えるところです。特徴的な1枚葉と3裂葉が展開しています。なるべく梅雨前に地植えしたいと思っていますが、間に合うか心配です。