ランキング 2018 Top10 Figs【Ben B. Seattle】

2018 Top10 Figs【Ben B. Seattle】

シアトル:耐寒性ゾーン:8B~(-9.3~-6.7度)(日本の東北地方太平洋沿岸部・関東~四国・九州の山間部以南にあたる地域)(カナダと国境を接している、太平洋岸の北西部ワシントン州最大の都市)

【Ben B. Seattle】は、アメリカの寒い地域(シアトル)で、イチジクを300品種以上栽培し、YouTube, InstagramなどのSNSで情報発信しています。

この結果は、太平洋岸の北西部の耐寒性ゾーン:8Bで加温なしに普通に栽培できるイチジクの試食をもとにランキングけされています。

ブラック マデイラ、プレト、ジェノベーゼ ネロ、スミスについては、下記のように言っています!

ブラック マデイラ、プレト、ジェノベーゼ ネロ、スミスは非常に優れたイチジクですが、どれも私にとって熟していなかったため、このリストには入りませんでした。私は彼らをもっと早く起こしたり、暖房の温室に入れたりする特別な努力はしませんでした。上記のリストにあるイチジクには、さまざまな理由があります。私のゾーン 8b で追熟するための追加の労力をあまり必要とせずに、美味しくて信頼できるものになります。

【Ben B. Seattle】

2018 Top10 Figs 試食イベント ランキング

【Ben B. Seattle】が、2018年 シアトル地域で食べられた85個のイチジクの中からTopを決定しています。味、甘さ、サイズ、生産性をそれぞれ10段階に評価していますが、総合評価でスコアを出している為、スコアが高いからといって、おいしいイチジクであるとは限らないことに注意してください。

※サイズは、重さを切り上げで評価していますので、1位のGolden Rainbowの151gは、16になります。

ランキング10位 Kathleen’s Black (ヌアール・ド・カロン)(9/19/18)

ベリー風味
味: 9
甘さ:8
サイズ: 8 (71.4 グラム)
生産性: 3
合計 = 29

Benの評価
Benの評価

キャスリーンズ ブラックの気に入っている点は、ほのかにキャラメル風味があることです。メインのフレーバーは、より軽くて繊細なベリー風味のイチジクのようなものです。今年も実が大きく、中実でした。正直なところ、訓練を受けていない人にとっては、さまざまな種類のベリーのわずかな違いを見分けることができない人も多いかもしれません。他のベリーの種類と比べて目立ち始めるのは、すべての種類のベリーを並べて味わったときだけです。キャスリーンの黒は期待を裏切りません。

Benの評価
Benの評価

樹上で熟成させるほどにキャラメルの風味を感じるベリー風味のイチジクです。味は最高でした。この木の上ではまだ最高です。71グラムの主な作物であったという事実を加えれば、このイチジクのこのスコアはこれまでで最高のものの1つとなります。

Kathleen’s Blackが、 ヌアール・ド・カロンとおなじ?下のリンクに記載しています!

ランキング9位 Socorro Black (9/19/18)

ベリー風味
味: 9
甘さ:8
サイズ: 5 (44グラム)
生産性: 10
合計 = 33

Benの評価
Benの評価

ロンド・ド・ボルドーのようなベリー系のファンなら、ソコロ・ブラック・イチジクが上位にランクされるでしょう。食感は素晴らしく、ゼラチン状のジャミーな果肉を伴う素晴らしい中程度のシコニウムでした。非常に生産性が高く、温室の外で熟したことが気に入っています。どの枝にも巨大なクラスターができていました。

また、目がしっかりしていて、湿気の多い気候や害虫の多い気候に最適です。ソコロブラックは非常に丸みのあるイチジクです。生産性の高い中程度のサイズとほぼ完璧な量の甘味を組み合わせた素晴らしい味わい。スミスのイチジクをよく思い出します

Benの評価
Benの評価

ベリーの味がしっかりしていて甘さもちょうど良くて美味しかったです。もしも黒いマデイラがウサイン・ボルトだったら。ソコロ・ブラックは銅メダリストになるだろう。私は生産性、美しい色、そして9月に熟す能力が大好きです。

欠点
欠点

唯一の欠点は、果実の形に安定感がない。同じ木に素晴らしいイチジクがいくつかあり、半分失敗したように見えるイチジクもありました。

ランキング8位 Italian 258 (10/21/18)

味: 9
甘味: 8
サイズ: 4 (35.7 グラム)
生産性: 5
合計 = 26

Benの評価
Benの評価

私の意見では、i258 はブラック マデイラにかなり近いランクにあります。ブラックマデイラの弟のような存在で、濃厚ないちごジャムがとても美味しかったです。ブラックマデイラによく似ています。

欠点
欠点

唯一の欠点は、生産性がここシアトルでもっと早く熟していたらもっと上位にランクされただろう。もう一つの欠点は、10月に熟すということは、非常に大雨の中で熟すことを意味します。

他の愛好家の声
他の愛好家の声

濃厚でジャムのような内部とリッチで強烈なベリーのような風味で知られています。 I-258 は、今年最も元気で生産的なイチジクでした。 それはまた、イチジクの“Smith”だけが匹敵する、これまでで最もおいしいものの1つです。 中身は、いちご風味のパンケーキシロップを混ぜた分厚いゼリーのようなもの。 その信じられないほどの活力、信じられないほどの生産量、信じられないほどの風味のために、これまでのところ、今年の私の一番のイチジクです.

ランキング7位 Taoma Violet (9/13/18)

ベリー風味
味: 9
甘さ:8.5
サイズ: 4 (36 グラム)
生産性: 4
合計 25.5

Benの評価
Benの評価

コル・ド・ダム・ブランとかなり似ていますが、それよりも数週間早く熟す点が異なります。ベリータイプの中でもさらに風味とパンチが際立つ味わいです。それは微妙な酸味のせいかもしれませんが、このイチジクを一口食べるたびに口の中でどれほど明るく新鮮な味がするかということも考えられます。

他の愛好家の声
他の愛好家の声

タコマ バイオレットは、間違いなく、生産性と風味の点でMt Etna(エトナ山)( Hardy Chicago タイプ)の最高の品種です。

ランキング6位 Black Madeira JFE

味: 9.5
甘味: 9
サイズ: 3 (27.1 グラム)
生産性: ?
合計 =?

Benの評価
Benの評価

私のものは今年熟していませんでした。カークランド出身のラムさんは、感謝祭に近い時期になんとか熟年を迎えた。 11月の暖房設備不足にもかかわらず、とても美味しいイチジクでした。味わいはイチゴジャムのような感じで、酸味とラズベリーの香りが感じられます。

欠点
欠点

ここでもっと早く熟していれば上位にランクされただろう。ランキングは味だけではなくさまざまな要素に基づいて決定されます。ここシアトルでどれだけうまくやっているか、生産性と信頼性が重要です。 

他の愛好家の声
他の愛好家の声

ブラックマデイラの別品種と判別された後も多くのコレクターが“Black Madeira(JFE)”を最高の品質と認め、以前にもまして人気があがり、その地位を確固たるものとしています。

ランキング5位 White Madeira (12/10/18)

ラズベリー風味
味: 9
甘さ:8
サイズ: 5 (51.1 グラム)
生産性: 4
合計 = 26

Benの評価
Benの評価

赤い果肉を持つ緑のイチジクのゴールドスタンダードです。そして、そのカテゴリーに当てはまる品種がたくさんあります。ラズベリージャムのような味わいです。このほのかな酸味が、このイチジクを他の種類のベリーとは一線を画すものにしています。とても甘くて濃厚です。濃厚でジューシーな果肉の味わいが舌に残ります。私の木はまだ樹齢数年ですが、大きくなったときにどれだけうまく成長するかを見るのが待ちきれません。

他の愛好家の声
他の愛好家の声

これまでに少なくとも 8 つ収穫しましたが、すべて完全にノックアウトされました。 イチジクは非常に強いイチゴの風味があり、非常に甘く、瓶から出したばかりのイチゴのジャムのような味がしました. これは、私が所有している私のお気に入りのイチジクの木の 1 つです。

ランキング4位 Col De Dame Noir (10/15/18)

ベリー風味
味: 9.5
甘さ:8.5
サイズ: 6 (52.5 グラム)
生産性: 4
合計 = 27

Benの評価
Benの評価

ベリージャムの風味の信じられないほどパンチがあります。とても濃厚でラズベリージャムのようです。甘さは完璧でした。私にとって、完全に甘いイチジクは 8.5 です。それはまともな生産性であり、それは目を引くものでした。果肉はまさにこの美しい血のような赤です。

欠点
欠点

唯一の欠点は、ハウスで内で育成したので完全に熟してしまったことです。

他の愛好家の声
他の愛好家の声

イチジクといえば300種類以上保有する南フランスのBAUD社の社長であるピエール・ボー氏(Pierre Baud)はあまりにも有名ですが、Col de Dame Blanc(レディーホワイト)とともにボー氏お気に入りのイチジクです。

ランキング3位 Vincenzo (9/19/18)

ハニーメロンベリーフレーバー
味: 9.75
甘さ:9
サイズ: 5 (40 グラム)
生産性: 1
合計 = 24.75

Benの評価
Benの評価

夏果が秋果と比べてどれほど違うのか、私はこのイチジクが大好きです。しかし、どちらも味の点では私のトップ10に入るでしょう。夏果は口の中でとろけるハニーメロンイチジクです。そして秋果は蜂蜜とジャムのミックスです。どちらもとても美味しいイチジクです。非常に良いイチジクです!

Benの評価
Benの評価

夏果も美味しく、この世のものとは思えないほどの味です。

Benの評価
Benの評価

私のコレクションにイチジクを 5 個だけ残さなければならないと言われたら。私はためらうことなく、ヴィンチェンツォを残します。誤解しないでください、私はブラックマデイラが大好きですが、希少性ではヴィンチェンツォにかないません。

欠点
欠点

唯一の欠点は、生産性が低いことです。

ランキング2位 Black Zadar Fig (9/15/18) 2年生

ユニークなベリー風味
味: 8.5
甘さ:7.5
サイズ: 10 (94.5 グラム)
生産性: 5
合計 = 31

Benの評価
Benの評価

完璧に熟したブラック ザダルの味は、メロン、イチゴ、蜂蜜が混ざり合ったものです。皮からは黒甘草のほのかな香りも感じられます。非常に繊細で、イチジクの肉感と甘さによって隠されているかもしれません。夏果も秋果も文字通り口の中でとろけます。

欠点
欠点

唯一の欠点は、皮膚がひび割れることです。しかし、それが好きな人もいるかもしれません

ランキング1 位 Ben’s Golden Riverside=Golden Rainbow(9/19/18)

ハチミツ風味
味: 10
甘さ:8.5
サイズ: 16 (151 グラム)
生産性: 6
合計 = 40.5

Benの評価
Benの評価

濃厚で濃厚なジューシーなはちみつの味わいです。そして神の蜜のような味がします。シコニウムも、酸味のない半固いプルオットをかじるような、素晴らしい噛み心地を持っています。イチジクというより大きな桃のような感覚で食べられるサイズです。 9月に屋外で熟すという事実により、短い季節に最適な主要作物イチジクになります。

欠点
欠点

短所は、広まわるのに十分でないこと
Not enough to go around

Ben B’s Top 10 fig varieties for 2018

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

今年シアトル地域で食べられた85個のイチジクに基づく。 このビデオでは、私の庭とシアトルの他のイチジク生産者からのイチジクのトップ 10 をランク付けします。