【Fig Boss】おすすめ9種&ワースト1種

【Fig Boss】おすすめ9種&ワースト1種

【Fig Boss】のRoss Raddi氏が2023年1月31日に記載した、ブログイチジク10品種 |最高、最悪、最高に甘く、最大かつ最高の生産性を紹介したいと思います。

彼は、ペンシルベニア州最大の都市フィラデルフィア:耐寒性ゾーン:7b(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部、東北から関東の山間部)でイチジクの栽培をしています。

【Fig Boss】のRoss Raddi氏は、有名なイチジクの愛好家でYouTubeBlogFacebookInstagramなどのSNSの発信者でもあります。

また、当地フィラデルフィアのェアマウント・パークで「イチジクの育て方ロス・ザ・フィグ・ボス」の無料イベントを開き、社会貢献もおこなっています。

彼の多くのYouTubeを見るにつれ、非常に知識も豊富で人間的にも尊敬できる人物だと感じました!

‘Brown Turkey'(ブラウンターキー) 最悪の品種 No1

これは、選択できるイチジクの品種の中で最悪の品種の1つです。米国のほとんどの場所でパフォーマンスが低くなっています。このイチジクよりも他の多くのイチジク品種を強くお勧めします。

果実の中は空洞になっており、素朴な味わいで甘みが強いです。イチジクは目が開いており、湿気の多い時期には水を吸収する皮を持っていることが知られています。これは乾燥した場所では良い選択かもしれませんが、そのような場所では味も性能もはるかに優れたイチジクが存在します。裏庭のイチジク栽培者向けではありません。

  • 耐寒性: ゾーン 7 ~ 10
  • 熟成期間:中頃
  • 気候の好み: 暑くて乾燥した気候

‘Black Mission’ 信頼できる商業生産向け おすすめ No1

このイチジクの品種は、世界で最も一般的に栽培されている品種の 1 つとして知られています。特に、平均以上の乾燥能力と厚い皮を備えているため、商業生産向けです。

果実の特徴: 果肉は淡い赤色で、皮が紫色の中型のイチジク。果実はマイルドなベリー、蜂蜜、ドライフルーツの味がします。この品種は、湿気が多いときにひび割れたり裂けたりする可能性があります。このイチジクは私のお勧めではありませんが、平均的な味わいで信頼できるイチジクを求める、高温で乾燥した気候に住む人には適しています。

  • 耐寒性: ゾーン 6 ~ 10(防寒保護あり)
  • 熟成期間:中頃
  • 気候の好み: 暑くて乾燥した気候

【その他のユニークな事実】
この品種は素晴らしいブレバ作物を生み出すため、夏と秋が穏やかな地域では、このイチジクを選択肢として検討するとよいでしょう。

‘Hardy Chicago’ 耐寒性イチジク おすすめNO1

果実の特徴: 果肉は暗赤色で、皮が紫色である小型から中型のイチジク。果物は、イチゴ、チェリー、ブルーベリーのような興味深い風味があり、非常においしいです。甘くて素朴でバランスが良く、並外れた丈夫さに加えて素晴らしい食感を誇ります。追加の耐寒性が必要な北部ゾーン6 または 7 の気候に最適です。

  • Mt Etna( エトナ山)Familyの代表品種!
  • 耐寒性: ゾーン 6 ~ 10(防寒保護あり)
  • 熟成期間:早生
  • 気候の好み: あらゆる気候によく適応

【その他のユニークな事実】:
イチジクの木に関してインターネット上で吐き出される不正確な情報とは対照的に、このイチジクは保護なしでは -17.8度にしか耐えられません。保護されずに低温で生き残ることができる品種は、たとえあったとしてもごくわずかです。

‘Violette de Bordeaux’ 最高の品種の 1 つ!

シノニム:栽培イチジク (Ficus carica L.) の遺伝子構造と分化より2010年に実施された遺伝子検査に基づいて

Beer’s Black(DFIC277)=Violette de Bordeaux(DFIC063)=Vista(DFIC259)が同じ品種と判断されています。

Ross Raddi氏は、’Violette de Bordeaux’ を非常に高く評価していて、

“100 種類以上のイチジクの品種を持ち、いまだに VDB(Violette de Bordeaux) がお気に入りのイチジクの 1 つであると主張する人々を知っている”

とも言っています!

信頼性が高く複雑な風味の主要作物とブレバの生産で知られています。

現存するイチジクの品種の中で最高の品種の 1 つであり、どこでもうまく機能します。ブラック ミッションは多くの点で似たイチジクですが、自家栽培者にはそれよりも‘Violette de Bordeaux’ を選ぶことを強くお勧めします。

  • 耐寒性: ゾーン 6 ~ 10(防寒保護あり)
  • 熟成期間:中頃
  • 気候の好み: あらゆる気候によく適応

【その他のユニークな事実】
主要作物に匹敵する高品質のブレバ作物を生産します。

‘Celeste’ 非常に湿気の多い気候 おすすめ No1

LSUのイチジク育種プログラムの母木として利用された南部のイチジクの女王であるceleste(セレスト)は、小さいながら目が小さく雨に強いことと収穫時期が早いことで有名です!

米国南部や北東部のような非常に湿気の多い気候に最適なイチジクです。

  • 耐寒性: ゾーン 6 ~ 10(防寒保護あり)
  • 熟成期間:早生
  • 気候の好み: あらゆる気候によく適応

【その他のユニークな事実】
セレストは、その甘い風味から「シュガー」イチジクとも呼ばれ、Ross Raddi氏が作成したシュガー イチジクと呼ばれるイチジクのフレーバー プロファイルの独自のカテゴリの子孫となっています。

‘Desert King’ 信頼性が高くおいしい夏果 おすすめ No1

古典的なサンペドロタイプ(夏果のみ実を付けるタイプ)のイチジクです。

サンペドロタイプのイチジク】

コナドリア、キング、サンペドロホワイト、ビオレ ドーフィンなど少数

英国、サンフランシスコ、ノースウェスト州の一部などの穏やかな場所に最適です。

  • 耐寒性: ゾーン 7 ~ 10
  • 熟成期間:早生
  • 気候の好み: あらゆる気候によく適応

【その他のユニークな事実】
「イチジクの王様」として知られる砂漠の王も、受粉すると非常においしい主作物を生産します。このリストで主要作物の受粉が必要な唯一のイチジク。
※秋果を付けるためにはイチジクコバチによる受粉が必要になります!

‘ LSU Purple ‘ ユニークなイチジクのフレーバー おすすめ No1

果実の特徴: 果肉が琥珀色で、皮が紫色の中型のイチジク。フルーツはマイルドなベリーの風味、砂糖の風味、蜂蜜が独特に混ざり合ったものです。また、スパイシーな皮や苦い皮があり、苦手な人もいます。ネコブセンチュウに強いのでフロリダに最適です。

  • 耐寒性: ゾーン 6 ~ 10(防寒保護あり)
  • 熟成期間:早生
  • 気候の好み: あらゆる気候によく適応

【その他のユニークな事実】
1950 年代の LSU 育種プログラムにより、Ed O’Rourk(エド・オルーク)博士によって交雑されたハントとカリフォルニア・カプリフィグのハイブリッド品種で、1991年にLSUから公式にリリースされた6品種の一つです。

‘Kadota’ 古典的なハニーイチジクの風味 おすすめ No1

優れた乾燥能力と厚い皮のためにローマ時代に栽培された最初の商用イチジク。古典的なハニーイチジクの風味がイタリアや昔ながらのイタリア系アメリカ人の間で非常に人気があります。

果物の特徴: 琥珀色の果肉を持つ中型の黄色の皮のイチジク。果実はとても甘く、素朴な味わいで、蜂蜜に似たイチジクの蜜がたくさん出ることから、ハニーイチジクと呼ばれています。このスタイルのイチジクで育った人に最適です。

  • 耐寒性: ゾーン 6 ~ 10(防寒保護あり)
  • 熟成期間:早生
  • 気候の好み: 暑くて乾燥した気候

【その他のユニークな事実】
このイチジクは、Peter’s Honey, Dotatto, White Texas Everbearingなどの名前で呼ばれています。
LSU Everbearing(LSUエバービーリング)も遺伝子検査でKadotaと判明しました。

‘Smith’ 湿気の多い気候 おすすめ No1

果物の特徴: 濃い赤色の果肉を持つ、中くらいの大きさの灰色の皮のイチジク。果実はバランスの取れた強いベリー風味を持ち、水分を皮に吸収するのではなく外に排出する素晴らしい能力を持っています。その最大の欠点は、耐久性の評価が低いことです。米国南部と北東部に最適です。

  • 耐寒性: ゾーン 7 ~ 10(防寒保護あり)
  • 熟成期間:中頃
  • 気候の好み: あらゆる気候によく適応

【その他のユニークな事実】
クロアチア出身のベクネル家は、フランスでこの品種のイチジクの栽培を始め、最終的に米国南部に移り、スミスを連れて果樹苗床を始め、長年にわたってこの品種のイチジクを南部全土に販売しました。

‘Black Madeira’ 最も美味しいイチジク おすすめ NO1

最もおいしいイチジクの品種としてよく知られています。

果実の特徴: 中くらいの大きさで皮が黒く、果肉は暗赤色のイチジク。果実は濃厚なベリーの風味があり、非常に甘く、皮が厚いため100〜110°Fの温度に耐えることができます。最悪の品質は、湿気や高湿度のときに裂けてしまい、湿気の多い場所で高品質の果実を確実に得ることが困難になることです。南カリフォルニア、アリゾナ、西テキサスなどの乾燥した場所に最適です。

  • 耐寒性: ゾーン 6 ~ 10(かなりの防寒保護あり)
  • 熟期:晩生(寒い地域では、結実させるためには鉢植え栽培が必要)
  • 気候の好み: 暑くて乾燥した気候

【その他のユニークな事実】
カリフォルニア大学デービス校にある USDA イチジク保管庫全体から愛好家が栽培した数百種類のイチジク品種の中で最もおいしいイチジク。