LSU Late Black≒LSU Thibodaux

LSU Late Black

シノニム:LSU Thibodaux, Thibodaux, LSU Thibidaux, LSU Thibodeaux
夏秋兼用品種
果実の大きさ:30g
果皮:黒に近い濃い紫
果肉:赤
耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)
原産国:アメリカ

1950年代に、Louisiana State University(ルイジアナ州立大学)で、LSU AgCenterのイチジク育種プログラムによって、Ed O’Rourk(エド・オルーク)博士が温暖な気候向けに南部のイチジクの女王であるceleste(セレスト)を主要な雌親として育成した優れた品種です。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、30gほどの中程度のしずく型で、果皮は黒に近い濃い紫で、果肉は赤です。
  • 味は、甘味が強く、イチジクらしい風味があります。
  • 耐寒性: 強 耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)

LSU Late BlackとLSU Thibodauxは同じ?

Fig Datebase】LSU ThibodauxのページのシノニムにLSU Late Blackが記載されていることと、ネット上に下記のような文章があったことです。

LSU Late Blackと同品種との論議はありますが、LSU Scott’s Blackとは違います。

LSU Late Blackは、ルイジアナ州立大学で開発されたイチジクの品種です。1980年代にLSU Thibodauxという名前でリリースされましたが、後にLSU Late Blackに改名されました。

この品種は、BrunswickCelesteの交配種です。果実は黒紫色で、果肉は赤色です。糖度が高く、イチジクらしい風味があります。

LSU Late BlackとLSU Thibodauxは違う? 【Our Figs

Thibodauxは、LBと比べると果実が2倍大きく、白い部分(皮と果肉の間)が多いためか、マイルドな味わいです。

一方、LBはコル・デ・ダムシリーズに似た強烈な味わい。

ハロルド・デイグル・ジュニア博士による Thibodauxの 起源情報

チャールズ・ジョンソン博士が初めてThibodauxの挿し木を持ち込んだとき、私は学生として LSU 園芸学部にいました。さて、ここでこのイチジクについての話です。 1940 年代に、このイチジクは、今は亡き二人の教授によってヒル ファームで品種改良されました。フラタニティ・アンド・ソロリティ・ロウが建設されたとき、実験農場はブルドーザーで取り壊されました。ある教授は、当時は試験番号にすぎなかったこのイチジクの挿し木をしました。この教授は、ヒル農場がなくなったため LSU を去り、Thibodauxのニコルズ州立大学に移り、キャンパス内に 1 本の挿し木を植えました。この教授は退職後、イチジクを自ら栽培している私のジョンソン博士に連絡し、一本の木のことを話しました。私たちはニコルズに行き、挿し木をしてLSUに持ち帰って、そこで試験番号の名前がまだ保存されていました。試験は約 2 年間続き、ジョンソン博士が私に、このイチジクはこれまでに食べた中で最高のものであり、市場に出す時期が来たが、名前が必要であると告げました。私はThibodauxで生まれ、唯一の木がニコルズにあったので、それを「Thibodaux」と名付けようと言いました。ジョンソン博士も、それが完璧な名前だと考えました。私は園芸学の学士号を取得して卒業しましたが、このイチジクに何が起こったのか連絡が取れなくなりました。私は自分用にオリジナルの挿し木を 1 つ手に入れました。その木はバトン ルージュの両親の庭で成長しており、自分用に鉢植えの挿し木をいくつか持っています。私は NOLA 地域に住んでいるので、約 2 ~ 3 エーカーのティボドー果樹園を始めて、商業取引や高級レストラン用に栽培することを検討しています。

【むかか日誌】さんのLSU Thibodaux

イチジク畑のLSU Late Black