LSU Scott’s Black(LSUスコッツブラック)

LSU Scott’s Black(LSUスコッツブラック)

シノニム:Col de Dame Grise VS(Not)? Scott’s Black, Scotts Black, LSU Black, Fantasia, Fantazia, LSU Black PP
夏秋兼用品種
果実の大きさ:15g~20g
果皮:黒に近い濃い紫色
果肉:鮮やかなルビーレッド
耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道南部~沖縄より北)
原産国:アメリカルイジアナ州

LSUシリーズのイチジクは、Louisiana State University(ルイジアナ州立大学)で、LSU AgCenterのイチジク育種プログラムによって、Ed O’Rourk(エド・オルーク)博士によって南部の気候向け交雑されたものです。
 LSUスコッツ ブラックは、管理された交配によって作られた多くのイチジクの品種とは異なり、近隣のさまざまなイチジクの木から来た可能性がある放任受粉の結果であると考えられているので、正確な親子関係は不明です。

LSUの品種には公式なものと非公式なものがありますが、LSU スコッツ ブラックは、2015年にLSUから公式にリリースされた公式6品種の一つです。

Col de Dame Grise VS(Not)と同じ品種との論議もありますが、後述します。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、15g~20gと小さく、果皮は黒に近い濃い紫色で、果肉は鮮やかなルビーレッドです。
  • 味は、非常に優れたクリーミーな食感を備えた豊かなベリーイチジク で、完全に熟すと糖蜜の風味が現れます。
  • LSUの冠を抱いた品種の中でも最高級のベリー糖蜜フレーバーのイチジクとして知られています。
  • 耐寒性: 強 耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道南部~沖縄より北)
  • 病気に強く、成長も早く、非常に生産的で、米国南部のような高温多湿な気候の栽培者に人気があります。。

ブレバ(夏果)が秋果より高品質!?ourfigsより

【FigBoss】のRoss Raddi氏は、“Fig Forum【ourfigs】のLSU Scott’s Black Breba – 2019”のページで、下記のように言っています!

“LSUスコッツ ブラックのブレバ(夏果)はメイン(秋果)よりも高品質になると思います。
 味に関しては、私は3/5で評価しており、私が食べた中で最高のブレバの中で1位か2位に近いです。
 風味は中程度の強いベリーの香りと強いイチジクの風味でした。ほとんどがフルーティーでイチゴのようなものです。甘すぎるわけではありませんが、独特の砂糖の風味があり、蜂蜜が少​​なく、昨日食べた以前のブレバとは反対です。テクスチャーはかなり凝固しており、この木の以前のブレバとは異なりました。ブレバには、より目に見える蜜があり、よりジャミーな粘稠度を生み出しているように見えました。
 昨日と今日の天気の違いかもしれません。味の点で最も近い比較は、ハーディ・シカゴです。実際、私はそれをより甘く(蜂蜜を入れると)そしてより大きなHCとして見ています。”

3種類のLSUの黒イチジク!

LSU Blackには 3 種類あります。

LSU スコッツ ブラック(LSU Scott’s Black)、LSU レイト ブラック(LSU Late Black)、LSU セント ガブリエル ブラック(LSU St. Gabriel Black)です。スコッツ ブラックは、3 つの中で最も目が締まっていて、他の 2 つの黒イチジクよりも Violette de Bordeaux(VDB) に近いフレーバープロファイルを持っています。

Col de Dame Grise VS(Not)と同じ?

Col de Dame Griseは、一般的には“Col de Dame Grise”のことを言いますが、“Col de Dame Grise VS(Not)”と言う品種があり、多くのイチジク愛好家が、LSU Scott’s Blackの可能性が高いと思っています。

Fig DatabaseのCol de Dame Grise NOTのページより

Vasile氏から入手した CDDG に関して混乱が始まった 2016 年または 2017 年のスレッドをいくつか調べてみました。Vasile氏は、それは本物であり、突然変異した可能性があるという彼の言葉を支持した。イチジクの収集を始めたとき、私はいつも彼と他の数人の人たちに知識と指導を求めてイチジクの収集を始めました。彼を信じない理由はありませんでしたが、非常に多くの人が確信していました……たとえどちらにしても実際には 100% 確信したわけではありませんでしたが、多数派が支配した。

これが起こったとき、それは私が引っ越して、すべての木を最初からやり直す直前でした。私は「本物の」CDDG を持っていますが、誰もが CDDG と呼ぶものはありません。葉のパターンはいつも同じですが、「本物」のバージョンは成長が非常に遅く、ほとんど成長せず、鞭以上になることはなかったように見えました。「本物」はネックと右の特徴を持ったイチジクをほんの数個出したので、最初から疑いの余地はありませんでした。

さて、その一方で…「ノット」または「VS」として知られるものは、常に非常に活発で、優れたイチジクの場合ははるかに生産的でした…丸くて首がありませんが、これまでに食べた中で最高のイチジクのいくつかがありました。他の CDDG にある首の部分だけを除いたものに似ていました……私の庭でも同時に熟しました。「本物の」cddg は毎年凍りつきましたが、「そうでない」ものはそうではありませんでした。

いつかこれを見たいと思っていた/願っていた……。そしてほぼ4年後がこれです。私は写真を最も評判が良く、尊敬されている有名なコレクター数人に送り、彼らも私に同意してくれました。

少しベリー系の風味

LSU Scott’s Black 2019 Main Crop Fig Tasting

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

イチジク畑のLSU Scott’s Black

【2023/11/24】
2022年春に挿し木をして、秋に地植えした苗ですが、思ったより成長が遅く来年実を付けるか心配です。