NV1(エヌ ブイ ワン)

NV1

シノニム: –
夏秋兼用品種
果実の大きさ:30g
果皮:黄緑色
果肉:鮮やかな赤
耐寒性ゾーン:不明 7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)?
原産国:レバノン?

NV1の正式な起源は不明ですが、元々はマレーシアのイチジク愛好家であるDato Syed Elias(ダト・サイード・エリアス)がレバノンから持ち帰り個人コレクションしていたもので、その名前は“new variety 1(新しい品種1)”を意味すると言われています。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、30~40gほどの中程度の大きさで、果皮は黄緑色で、果実は鮮やかな赤色です。
  • 味は、クリーミーでジューシーで、穏やかなベリーの風味があり、とても甘いです。
    ※糖度(°Brix)30を超えることも!
  • 耐寒性:耐寒性ゾーン:不明 7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)?
  • 目は閉じていて雨や害虫にも強いです。
  • 生産性が高く、主に5裂葉を展開します。

Dato Syed Eliasの【フィグ ファーム マレーシア 】2018年8月

“Figs culture in the tropics” Dato Syed Elias

マレーシアの小さな島サンタップ島にイチジク農園があり、フィグ ファーム マレーシアの創設者兼オーナーのダトゥク サイド エリアス サイド アハマド氏が注意深く研究し植えた 300 種類以上のイチジクが植えられています。

昨年設立された1.2ヘクタールの農場は、東南アジア最大のイチジク輸出国の一つである。毎日最大40kgのイチジクが生産されます。

当農園で最も人気のあるイチジク品種 10 品種は、Baleares 1, Brazlillian XP, Maroc 23, Super Jumbo, Super Red Hybrid, Beryen Feige, Red Sham, Moyuna, Masui Dauphine and SJDK です。

サイード・エリアス氏は、イチジクの生産と消費において世界のリーダーであるトルコを訪れた2008年にすべてが始まったと語った。それが彼の「楽園の果物」と呼ばれるイチジクへの興味を引き起こしました。

そこで初めて新鮮なイチジクを味わいました。甘い味に夢中になりました。その後、チュニジアを訪れた際に再びその果実に出会いました。私の興味はさらに深まったそうです。

戻ってきたとき、彼はその果物についてさらに研究しました。彼がジャンダ バイクにイチジク農場を設立するまでに約 8 年かかったそうです。

この果物に対する情熱から、世界中のイチジクの種類を記録するための 6 年間の研究プロジェクトに着手し、これを、 2016 年に出版された381ページの『熱帯のイチジク文化: イチジク マレーシア Vol. 1 』というタイトルの本にもとめ、旅行中に見つけたイチジクの種類を記録しています。

この研究を通じて、彼はマレーシアで植えて収穫できるイチジクの種類を見つけています。

Sajoma New York City】NV1 Fig tasting!

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

イチジク畑のNV1