Boscorosso(ボルコロッソ)

Boscorosso

シノニム: –
夏秋兼用品種
果実の大きさ:40g
果皮:黒に近い濃い紫~スモーキーな黒
果肉:深紅
耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)(フィラデルフィアのFig Bossが地植え)
原産国:イタリア

【FigsArt byNikky 】のNicolò Parrino氏のコレクションの一つで、ボスコロッソとはイタリア語で「赤い森」を意味し、イタリアワインの品種にも付けられた名前です。

ただ、有名な愛好家【Ben B. Seattle】また、【Fig Boss】なども栽培されていますが、紹介されてから数年たった現在も、果実の写真やYouTubeなどの画像もあまり出てこないので購入する際は、信頼性・リスク(シノニムなど)がともなう品種とお考え下さい。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、首が長く40gほどの中程度の大きさで、果皮は黒に近い濃い紫~スモーキーな黒で、果肉は深紅です。
  • 味は、とても甘い品種で酸味のあるチェリーやベリーの豊かな風味があります。
  • 耐寒性:強 耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)

【Fig Boss】Ross Raddi氏より

ボスコロッソは、ニッキーというコレクターが所有する灰色/濃い皮のイタリアのイチジクです。 2022 年に大きな可能性を示した後、私は自分の木をここフィラデルフィア地域の地面に 1 本植えることにしました。かなり酸味のあるチェリーの風味があることに気づきました。とても風味豊かなので、湿気の多い気候では試してみる価値があります。

Sajoma New York City 

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

(Sajoma NYC / Strell)

ニューヨークで100以上のイチジクの品種を栽培し、150本近いイチジクに関するYouTubeを作っています。

ニューヨーク市の都市環境でイチジクを栽培しており、農場や苗床で人々が使用するものとは異なるいくつかの技術を使用しています。ニューヨーク市の季節の長さはかなり良好です (約 3,700 GDD) が、気象条件によって夏の生育条件が西海岸ほど理想的ではなくなる可能性があります。

イチジク畑のBoscorosso