Calderona

Calderona

シノニム: Paretjal, Paretjal Negra, Calderona (Pons), (MP)
夏秋兼用品種?
果実の大きさ:50g
果皮:マットブラック
果肉:深紅
耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)
Family: Bourjassotte Noire
原産国:スペイン

この品種は、Martinenca Rimada・Bordissot Negra Rimada・Col de Damaシリーズ・De la シリーズなどを広めたイチジク研究家のスペインのバレアレス諸島マヨルカ島のモンセラート・ポンス・イ・ボスカナ(Monserrat Pons i Boscana)氏によって導入された品種です。

国内での流通はほとんどない希少品種です!

その品質は、Black Madeiraと比較されるほど高品質で、モンセラート ポンスの職員のお気に入りと言われています。

Calderonaの特徴・味・耐寒性

  • 果実は、50gほどの中程度の大きさで、果皮はマットブラックで、果肉は鮮やかな深紅です。
  • 味は、甘くてフルーティ、濃厚なジャミーでしっかりとした食感が特徴で、コレクターから人気の高い品種です。
  • 耐寒性:やや強 耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)
  • 輸送に対する耐性はほとんどなく、剥がれやすさはほとんどありません。雨に対する耐性は良好で、オスティオーロの開口部に対する耐性は中程度です。
  • 現地では、9月上旬から熟したイチジクが収穫され始め、11月中旬まではおいしいイチジクが実り続け、生食はもちろん、乾燥イチジクとしても最適な品種です。
  • 葉は、少しギザギザのある3裂葉 (60%)、1裂葉 (40%) です。

イチジク愛好家の声

愛好家A
愛好家A

これは間違いなく必須のイチジクです。私のお気に入りリストに急速にランクインしています。味は素晴らしく、中身はしっかりしていて巨大です。

FIGG BOSS
FIGG BOSS

最高の味わいのワインの一つです。非常に複雑で強いベリーの風味。ブラックマデイラとアドリアイチジクを掛け合わせたようなもの。

愛好家B
愛好家B

ここの穏やかな気候では最高です。よく熟すのにそれほど熱を必要としないらしいことに同意します。健全に栽培されており、生産量に関しては平均より優れています。今年のフレーバーのトップ3はこちらです。

FIGG BOSS Black Madeiraより

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

カルデロナは、スペインのポンス氏のコレクションにあるイチジクの品種です。形が小さな鍋に似ているのでそう名付けられたのだと思います。ブラックマデイラよりも風味が良く、粘稠度が高い方が美味しいはずだと知って非常に驚きました。このイチジクが熟すときに木に垂れ下がる様子が好きです。以下でそれを確認できます。首はブラックマデイラのように硬くなく、皮膚ははるかに薄くて柔らかいため、首の部分で曲がって目を防ぐことができます。熟すときに空に向けられることから。したがって、ブラック マデイラよりも分裂がはるかに少なく、湿気の多い気候でも安定して高品質で熟すはずです。毎年ブラック マデイラの収穫量の 5% だけを楽しむのではなく、もっと多くのことを楽しむべきです。生産性が高く、適度な大きさで、最高の味わいのワインの一つです。非常に複雑で強いベリーの風味。ブラックマデイラとアドリアイチジクを掛け合わせたようなもの。

ポンスのコレクションには、カルデローナ・デ・マイナーと呼ばれる別のイチジクがあります。これはカルデロナによく似ています。それらは、わずかに異なる特性を示し、したがって異なる品種であるハーディ・シカゴ・タイプと考えてください。デ・マイナーのバージョンについて読んでいると、湿気の多い気候ではさらに良くなる可能性が高いと思います。時間だけが教えてくれます。参考までに葉っぱの写真を載せておきます。どちらも単葉の葉を出すことができることに私は注目しました。

イチジク畑のCalderona