Coll de Dama de Ciutat

Coll de Dama Ciutat

秋果専用品種
果実の大きさ:40g
果皮:くすんだ黄緑・薄い紫の縞と縦横の亀裂
果肉:赤~濃い赤
耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)
Family:Col de Dame Family
目:小さい
原産国:スペイン

バレアレス諸島・マヨルカ島のモンセラート・ポンス・イ・ボスカナのコレクションで、Pons(ポンス)氏は、この品種について次のように書いています。

「La Hivernenca、Coll de Dama de Ciutat、De la Senyora、Margalera、および Morro de Bou は、樹状図によると遺伝的に等しい品種ですが、分子的および農業学的に、成熟、サイズ、形状などが異なるため、異なる品種と見なされます。」

たぶんDe La Senyora (Hivernenca),Morro de Bouと品種的には類似していますが、みかんなどの【枝変わり】と同じように収穫時期、糖度、サイズなどが違っているのだと思われます。

特徴・味・耐寒性・栽培

  • 果実は、短くて太い首と短い茎があり40gほどの中くらいの大きさで、果皮はくすんだ黄緑に紫の縞が入り熟すと縦横に亀裂が生じ、果肉は鮮明な赤から濃い赤です。
  • 味は、素晴らしいベリーの風味、バランスのとれた酸味、心地よい食感、そして甘さで高い評価を受けています。
  • ハングタイム(果実が樹に実っている時間)が非常に短く、寒い秋の天候でもよく熟すことができます。
  • 中程度の成長の木、密集した葉。葉が 3 つ (90%) で、葉が 5 つ (10%) のものが多数を占める傾向があります。
  • 耐寒性:やや強 耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)
  • 生産量は平均的で、雨には強いですが、非常に収穫が遅い秋果専用品種で、現地スペインでは、一般的には、9月下旬から11月初旬までが成熟の始まりですが、一部の標本は10月初旬に熟し始め、冬に終わります。
  • その優れた味の品質から新鮮な生食が一番ですが、ジャム、コンポート、パン、クッキーなどに利用されます。

有名な育苗業者でSNSの発信者【Figaholics】

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

コル デ ダマ シウタットはスペインの品種で、私たちの果樹園ではうまく育ちませんでした。この木は 2018 年の初めに果樹園に植えられ、それ以来あまり成長していませんが、今日も木から果実を収穫しました。通常のコル デ ダマ タイプよりも甘く、これはおそらく熟していたためでしょう。ベリーの風味がかなり強く、果肉も厚かったです。