Smith(スミス)

Smith(スミス)

シノニム: Becnel’s Smith
夏秋兼用品種
果実の大きさ:40g
果皮:黄緑に茶色がかった紫色の薄い模様
果肉:深紅
耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道以南~)
原産国:クロアチア

濃厚な甘味と優れた風味で、常に多くのイチジク愛好家のTop10にランクインしている高品質なイチジクです。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、40gほどの中くらいの大きさで、果皮は黄緑に茶色がかった紫色の薄い模様が入り、果肉は深紅です。
  • 味は、ジューシーで柔らかく、蜂蜜のような濃厚な甘みとキャラメル、蜂蜜、ベリーの香りのブレンドとよく表現される優れた風味で高く評価されています。
  • 耐寒性:強 耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道以南~)
  • 雨や湿気に強い

Smith figの来歴

1900年代初頭にルイジアナ州のニューオリンズ近郊のプラクミン教区のBecnel Farms(ベクネル農場)によってはじめて導入されました。スミス氏はもともとクロアチア出身で、スミス氏とともに他の数種類のイチジクが米国に持ち込まれたと噂されていますが特定されていません。 Smith figの木は人気が衰え、絶滅の危機に瀕していましたが、このおいしい品種への関心の高まりにより再び高い需要が見られるようになりました。

有名な育苗業者でSNSの発信者【Fig Boss】

私が聞いた中で最も信頼できる情報は、スミスはクロアチア出身だということです。それはどういうわけかフランスに伝わり、ベクネル家がそれを拾い上げ、その後米国に持ち込んだ。長年にわたり、彼らは多くの苗木販売を通じて南部でこのイチジクを非常に人気のあるイチジクにし、南部の多くの生産者にとってセレステやブラウンターキーと同じくらい人気があります。
しかし、食味の点ではセレステやブラウンターキーよりもはるかに優れていると断言できます。ベリーの風味が強く、酸味があり絶妙です。一口食べれば、その果実の品質の高さがわかります。
れは本当に、湿気の多い/季節の短い気候に適した、私の現在の総合的な最高のイチジクの1つでもあります。他の 3 つのイチジク品種 (Hative d’Argentile、Moro de Caneva、Rossellino) と並んで 3 番目に良い品種だと思います。私は近年これを非常に賞賛しているので、スミスは最高のイチジク品種の一つとして不滅の地位を築くと信じています。ブラックマデイラについての考え方も似ています。愛好家の間でそれがすぐになくなったり、人気がなくなったりすることはないと思います。
信じられないかもしれませんが、スミスはLSUの繁殖プログラムに短期間使用されたとも言われています。 LSU strawberryと呼ばれるイチジク、あるいは単にStrawberryと呼ぶ人もいますが、これはスミスの血統を持っていると言われています。明らかに長い歴史を持つイチジクです。
上で述べたように、スミスはあらゆる気候によく適応しています。雨に強く、他のものよりも裂けやすく(ティアドロップよりも平らな形をしていることが多いので、これは奇妙なことですが)、とても美味しく、秋の雨が降り出す前にすべての収穫を終えるのに十分な早さです。すべてが揃っています。チェックボックスがオンになりました。私自身は確認できませんでしたが、スミスは華氏10~15(摂氏-9.4~-12.2)度の温度に耐える最も丈夫な品種の1つであると言われています。
しかし、Smith に関して最もよくある苦情は、生産性が低い可能性があるということです。他の栽培者が声をかけ、その木がすべての節に実を結んでいることを示すまで、その木を処分することを考えた人さえいます。同じキャンプにいた私は、木に関して何が問題なのかと何年も考えていました。愛好家の中には、スミスにはさまざまな系統があると信じている人もいます。それが私の最初の考えでしたが、スミスの起源がかつての源であるベクネル家であることがわかっているため、それはほとんどありそうもないことに気づきました。考えられる議論の 1 つは、スミスが米国に非常に長い間滞在しているため、南部のさまざまな場所に適応したというものであり、適応によるわずかな違いは確かにあり得ることです。
私の鉢植えのスミスの木6本すべてが、この2021年のシーズンに素晴らしい実りを見せていることに注目したいと思います。スミスは直立栽培者なので、介入して足場の角度を変える気がないのであれば、この木はあなた向きではありません。生産量は限られており、まさにそれが私たちの多くに起こっていることだと思います。木自体が日陰になっています。木が成長するにつれて、樹冠を開いて光の透過を良くすると、すべての節にイチジクが実り、少なくとも生産量が大幅に増加します。

【Fig Boss】Smithは、品種の中でも不滅の存在!

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

動画の中で、Smithは、直立型ですが樹冠を開いて光の透過を良くすると、すべての節にイチジクが実り、少なくとも生産量が大幅に増加すると言っています。また、他の品種に対しても同じようなことがあるとアドバイスもしています。

イチジク畑のSmith(スミス)

【2024/2/14】
3年ほど前から何度か挿し木をして失敗を繰り返していましたが、去年春に成功した苗を鉢植えで室内で育てています。
少し目が動き出した3月に地植えにする予定です。前年の秋に地植えした苗よりも室内で少し育成し春に地植えした苗の方が成長が早いように思えるので、30種類ほど室内で冬を越させています。