Thermalito(テルマリート)

Thermalito

シノニム:-
夏秋兼用品種
果実の大きさ:60g
果皮:黄緑~黄色
果肉:赤~深紅
目:閉まっている
耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道以南~)
Family:Adriatic(アドリア海)
原産地:カリフォルニア

カルフォルニアのBluemalibu Farms(ブルーマリブ農場)が導入した新品種で、他にExquisito, Meteorito, Angelito,  Watermelon Wineなどがあります。

甘くて独特の味わいがあり、本格的なイチジクコレクターなら必須の品種!

特徴・味・耐寒性・栽培

  • 果実は、60gほどの中くらいの大きさで、果皮は黄緑~黄色で、果肉は赤~深紅です。
  • 味は、甘みと酸味のバランスがよく、独特の風味があります。
  • 耐寒性:強 耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道以南~)
  • 目は閉まっているが、裂果が起こりやすいという欠点も報告されています
  • 生食、ジャム、コンポート、ドライフルーツなど、さまざまな用途に用いられます。

カルフォルニアのBluemalibu Farms(ブルーマリブ農場)


Bluemalibu Farmsは、イチジクコミュニティの尊敬されるメンバーのDoug(ダグ) が運営していて、北カリフォルニアのゾーン 9b にある彼の場所は、イチジクの栽培に理想的です。彼の地域ではイチジクハチの生息地が確立されており、イチジクの苗木の新しい品種が数多く作られており、試してみることができます。
有名な品種には、Exquisito, Meteorito, Angelito,  Watermelon Wineなどがあります。

5品種のテイスティングテストでThermalitoが1位


熟しても皮のひび割れや色の変化はまったくありません。むしろ、滑らかで明るい緑色の外観を維持するため、熟したイチジクが鳥にカモフラージュされます。果実は強いベリーの風味と素晴らしい酸味を持っていますバランス。私たちはここでこの品種のテイスティングテストを行い、Zidi、 UCD Ischia Black、Panache、Socorro Black、CdD-Blancと比較しました。2 位の座を Ischia Black にするか Socorro Black にするかは意見が分かれましたが、すべてがThermalito一番美味しいと選びました。

Thermalitoの長所と短所

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

テルマリートはとてもおいしいイチジクですが、欠点がないわけではありません。
長所: 風味が良く、私にとっては簡単に熟すようです。
短所: 裂果が起こりやすいこと、晩生のイチジクであること、そしておそらくバージニア北部が追熟できる北の端にあること。 また、これがアドリア海タイプのイチジクであることを期待している場合は、そうではありません (少なくともイチジクの土地以外では)。 味は素晴らしいので、それは必ずしも悪いことではありませんが、それは単なる期待の問題であり、これがアドリア海であることを期待しないでください。

イチジク畑のThermalito

【2023/5/12】
1月にしたビニールのミニポットの挿し木から特徴的な1枚葉と3裂葉が芽吹き、根が張ってきたので堆肥の入った土を入れスリット鉢へ移し替えました。梅雨までには地植えしたいと思いますが、まだ小さいので無理かもしれません。