Exquisito(エクスクイジート)

Exquisito

シノニム: –
夏秋兼用品種
果実の大きさ:60g
果皮:紫色の縞~黒に近い紫
果肉:濃い琥珀色
耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道以南~沖縄より北)
原産地:カリフォルニア

カルフォルニアのBluemalibu Farms(ブルーマリブ農場)が導入した新品種で、他にThermalito, Meteorito, Angelito,  Watermelon Wineなどがあります。

特徴・味・耐寒性・栽培

  • 果実は60gほどの中程度の大きさで、果皮は紫色~黒に近い紫で、果肉は濃い琥珀色です。
  • 味は、フルーティーで甘くてナッツのような味わいに軽いベリーの香りがして、熟すとさらに格別な風味を生み出します。
  • イチジクコレクターから絶賛されている品種です。
  • 耐寒性:強 耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道以南~沖縄より北)
  • 耐寒性、病害虫に強く育てやすいので、美味しいイチジクの品種をお探しなら、Exquisitoが最適です。

導入元ブルーマリブ農場の評価


Exquisitoは本当にユニークな品種です。最初に実る2つの作物は、わずか数日のうちに緑色のイチジクからリマダ縞のイチジクへと急速に変化し、熟すと星空が広がる真っ黒な外観に変わります。

これらの最初の 2 つの作物は非常に甘く、フルーティー/ベリーの風味があり、スティーブ (フルーツナッツ) はこの 7 月末に 9/10 と評価し、当時のサーマリートやプレトと同等でした。

Exquisito は現在 3 回目の収穫を迎えており、著しく異なる個性を持っています。今年も、これらのイチジクの外観は灰色(スモーキーな緑がかった/紫)になり、その風味は再び期待を裏切りません。この作物は、昨年と同様に、バナナ/ストロベリーヨーグルトの強い風味を持っています。(この木は昨年で2年目でしたが、多くの品種で味の変化が起こるのはよくあることです。そのため、さまざまな作物の味についてコメントする前に、もう1年経験してほしかったのです)まさにキーパー!

イチジク畑のExquisito(エクスクイジート)

【2023/6/1】
4月20日にしたExquisitoの挿し木から特徴的な3裂葉が芽吹き、プラコップに少し根が出てきましたが、まだ鉢増しするほど根は出ていません。