Paradiso(パラディーソ)

Paradiso

シノニム: Paradiso (Siro), Paradiso Siro, Paraíso, Fico Paradiso, Albero d’Oro, Nelson’s Paradiso
夏秋兼用品種
果実の大きさ:30g
果皮:黄緑
果肉:鮮やかな赤
Family:Adriatic Family (アドリア海の仲間)
耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)
原産国:イタリア

Paradisoと名前が付くイチジクには、Paradiso(Siro)、Paradiso (Baud)、Paradiso Bronze (VS)、 Paradiso (JM) 、Paradiso Genova、Paradiso (Gene)など多くの種類があります。

このページでは、もっとも一般的なParadiso(Siro)について記載しています。

【Fig Boss】のRoss Raddi氏のおすすめ品種で、ブログ【最高に美味しいイチジクの品種】の中にもとり上げられています。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、30gほどの大きさで、果皮は黄緑で、果肉は鮮やかな赤です。
  • 味は、ベリーの風味が強く、はちみつのような味わいです。
  • 耐寒性:強 耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)
  • 湿気の多い気候では分裂する可能性があります。ただし、Paradiso (Baud)ほどひどいものではありません。

Paradisoについて 【Fig Boss】のRoss Raddi氏

パラディーゾはイタリア文化において 豊かな歴史を持っ ています。このイチジクの品種は、1800 年代初頭にガレージオの Pomona Italiana に取り上げられて有名になりました。ガレージオはイタリア中を旅して、イチジクだけでなく、よく見られる果物の品種を記録して描き、歴史的記録を作成しました。上の写真は、ガレージオの本に描かれたオリジナルのパラディーゾの果物です。

パラディーゾという名前は、イタリアの老人が毎朝イチジクの木の下に座ってイチジクを食べていたという伝説に由来しています。通りすがりの人々が老人の様子を尋ねました。老人の答えは「ここが私の楽園です」でした。もちろん、これはイタリア語でパラディーゾと翻訳されます。

Paradiso という名前のイチジクはたくさんありますが、ほとんどは同じではありません。米国の生産者の中には、自分たちのイチジクを「パラダイス」と名付けている人もいます。それは彼らの楽園です。イタリアのSiro(シロ)という商業栽培者が作ったこれは、パオロ・ベッローニが育てているもの、そしてガレーシオが絵で描いたものに最も近いパラディーゾだと私は信じています。これを確実に証明することはできませんが、確かなことは、それが私が栽培しているイチジクの中で最もおいしいものの 1 つであるということです。秋の天気にも十分です。最も近い比較はやはり CDD だと思います。私が探している完璧な質感を持っています。非常に密度が高く、濃厚でケーキのようです。このカテゴリーでは、Smith や Hative よりもはるかに優れています。甘くてベリーの風味が良い。

Paradiso(Baud)について

有名なPierre Baud(ピエールボー)氏が運営する、300種以上のイチジクを保有する南フランスBAUD社の所有するParadiso!

  • 風味: 濃厚な甘み、マイルドなベリーの香り、そして濃厚なケーキのような食感を持つ、最もおいしいイチジクの 1 つです。このイチジクの本当の魅力は、その食感にあります。
  • 成熟は遅いが、二葉である。ブレバには紫色に染まる髄はない。
  • 欠点: 開いた目と、変化に富み、ほとんどが平らな形状のため 、この品種は湿気の多い気候には適していません。 

【Fig Boss】 Paradiso (Siro) 最高の味覚

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

イチジク畑のParadiso