Lilla(リラ)

Lilla(リラ)

シノニム:
夏秋兼用品種
果実の大きさ:30g
果皮:光沢のある紫~黒に近い紫色
果肉:琥珀色~赤みがかった琥珀色
耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)(イタリア北部原産とも)?
目:小さい
原産国:イタリア

【FigsArt byNikky 】のNicolò Parrino氏のコレクションの一つで、彼が、壁の側面から生えているのを発見した非常に希少で人気の高い品種です。 

【FigsArt byNikky 】のNicolò Parrino氏のコレクションは、有名な愛好家【Ben B. Seattle】また、【Fig Boss】なども栽培されていますが、紹介されてから数年たった現在も、果実の写真やYouTubeなどの画像もあまり出てこないものが多いのですが、Lillaは【4figlovers】などにも紹介されています。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、30gほどとやや小さく、果皮は光沢のある紫~黒に近い紫色で、果肉は琥珀色~赤みがかった琥珀色です。
  • 味は、香り豊かな軽いベリーの風味を持つ非常に甘いのが特徴のシュガーイチジクです。
  • 耐寒性:強 耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)(イタリア北部原産とも)?
  • 3裂葉または5裂葉を持っています。
  • 目が小さく雨や割れに強く耐寒性もあり、元気で非常に栽培しやすいので家庭菜園にはおすすめです。

オンラインのフラワーショップ【Kremp Florist】より

Lillaは、熱心なイチジクコレクター、ニッキーによって発見されたイタリアのイチジクです。ニッキーは、この珍しい果物が壁の側面から生えているのを見つけたと言われています。Lillaは北イタリア出身だと言う人もいますが、実際にはこの品種はシチリア島北部から来たと報告する人もいます。リラはあまり栽培されていない非常に珍しい品種であるため、多少の混乱があるのも不思議ではありません。
私たちが知っていることは、Lillaは季節ごとに 2 つの作物を生産しているということです。3裂または5裂の葉を持つ木に生える一般的なタイプです。生産者はリラの茎や葉脈の紫色を賞賛しています。リラの肌は紫色または黒で、はっきりとした肋骨があります。丸い形をしています。一口食べると、濃厚なベリーの風味とたっぷりの甘みが広がります。この希少で人気の品種について詳しく学ぶために、リラを自分で試してみてください。 

イチジク畑のLilla