Olympian(オリンピアン)

Olympian

シノニム: Olympian Hardy
夏秋兼用品種
果実の大きさ:50g
果皮:黄色~赤/紫色
果肉:琥珀色~赤みがかった琥珀色
耐寒性ゾーン:6A~(-23.2~-20.6度)(北海道の一部・長野・岐阜の一部地域)
目:小さい
Family:English Brown Turkey
原産国:アメリカ(ワシントン オリンピア)

2014年にDenny McGaughy(デニー・マクゴーイ)によってワシントン州オリンピアで発見され、FarWest Showでthe Retailers Choice Award(小売業者選択賞)を受賞したとても寒さに強い美味しいイチジクです。

この品種は北西太平洋地域の気候に非常によく適応し、この地域で高く評価されています。また、米国の他の地域でも人気が高まり続けています。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、50gほどの中程度の大きさで。果皮は黄色~赤/紫色で、果肉は琥珀色~赤みがかった琥珀色です。
  • 味は、非常に甘くジューシーで、桃を思わせる優れた風味を持っています。
  • 耐寒性:超強 耐寒性ゾーン:6A~(-23.2~-20.6度)(北海道の一部・長野・岐阜の一部地域)
  • 耐寒性が高く、寒い地域で人気のある品種です。

来歴

2014年にDenny McGaughy(デニー・マクゴーイ)によってワシントン州オリンピアで発見された品種で、デニーは、米国農務省国立クローン遺伝資源保管所の遺伝学者マリ・アラディと協力して、それが既知の品種であるかどうかを調べるために DNA 検査を実施しました。リポジトリ内の 200 以上ののどれとも一致しませんでした。

デニーは、涼しい海岸沿いの気候でよく生産されるユニークな宝物の品種を発見したようです。

Olympian 2019 Main Crop Fig Tasting

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

イチジク畑のOlympian