Sanguinato(サンギナート)

シノニム: Sanguinato Greek
夏秋兼用品種?
果実の大きさ:40g前後
果皮:黄緑に薄い茶色の縞
果肉:深紅
耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道南部~沖縄より北)
原産国:ギリシャ

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、40gほどの中くらいのサイズで、果皮は黄緑に薄い茶色の縞、果肉は深紅です。
  • 味は、ベリー特有の風味とジャムのような食感があり、ほどよい甘さです。
  • 耐寒性:耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道南部~沖縄より北)

アメリカの有名な育苗業者【Figaholics】氏

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

サンギナートはギリシャのイチジクです(名前の由来はイタリア語に由来している可能性がありますが)。 我が家の木はとても元気に成長しました。

この品種は一般的なタイプであると考えられていますが、現時点では証明されていません。

果実は大きく、甘く風味があり、ジャムのような食感があり、果肉は深紅です。

最新情報: 私たちの友人はミシガン州でサンギナートの木を育てており、2019年に彼の木から実を1つ食べました。完全に熟してはいませんでしたが、食べるには十分だったので、これが一般的な種類であることを確認するには十分だと思います このビデオは 8 月 21 日に録画されたもので、それほど遅いわけではありませんが、比較的長い生育期間を必要とします。

イチジク畑のSanguinato

【2023/10/7】
2022年春の挿し穂が1m」ほどに成長して数個の実を付けています。
収穫が楽しみです。