Super Red Hybrid(スーパーレッドハイブリッド)

Super Red Hybrid(スーパーレッドハイブリッド)

シノニム: SRH
夏秋兼用品種
果実の大きさ:80~100g
果皮:赤に近い紫色
果肉:琥珀色
耐寒性ゾーン:不明 7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)?
原産国:東南アジア

特に東南アジアで多く栽培され、マレーシアのDato Syed Elias(ダト・サイード・エリアス)の農園でも主力に栽培されていますが、世界的に認知されている品種です。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、80~100gほどと大きく、果皮は赤に近い紫色で、果肉は琥珀色です。
  • 味は、ジューシーで独特の甘みがあり、風味が良いです。
  • 耐寒性:不明 耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北から関東の山間部)?
  • 暖かく湿った条件下でも、品質の低下や裂けが発生することなく良好に果実を付けます。

有名な育苗業者でSNSの発信者【Figaholics】Harvey correia氏

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

スーパーレッドハイブリッドは、名前の由来はマレーシアだと思われますが、起源は不明のイチジクです。 この果実の目は大きくありませんでしたが、最初の果実にはまだアリが寄生していましたが、2番目の果実にはありませんでした。 フルーツは優しい味わいで甘かったです。 品種は非常に生産的であるように見えますが、私たちにとって成長は遅いです。