Colonel Littman’s Black Cross

シノニム:CLBC, Col. Littman’s Black Cross, Colonel Littmans Black Cross, Col Littman’s Black Cross
夏秋兼用品種
果実の大きさ:50g
果皮:黒に近い濃い紫
果肉:ルビーレッド
耐寒性ゾーン:8B~(-9.3~-6.7度)(東北地方太平洋沿岸部・関東~四国・九州の山間部以南)
原産国:アメリカ

そのプレミアムな風味、優れた耐寒性、FMV 耐性、割れ耐性、そして早期生産により、一部の人からは「ブラック マデイラ キラー」と呼ばれています。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、50gほどの中程度の大きさで、果皮は黒に近い濃い紫色で、果肉はルビーレッド(鮮やかな深紅)です。
  • 味は、シロップがたっぷり入っていて濃厚で甘く、ブラックマデイラに匹敵する非常にエキゾチックな風味を持っています。
  • 耐寒性:耐寒性ゾーン:8B~(-9.3~-6.7度)(東北地方太平洋沿岸部・関東~四国・九州の山間部以南)
  • 美味しく、ある程度耐寒性もあり、早期生産性(夏の終わりから秋の初めに収穫)と豊富な収量にもかかわらずコンパクトに成長するので家庭菜園には最適な品種です。

Colonel Littman’s Black Crossという名前は、その黒い外観以外にはイチジクについてあまり説明していません。実際、このイチジクの歴史全体は謎に満ちています。Cross氏というコレクターがこの未知の品種をフロリダで発見したと言われています。その後、イチジク販売業者の JF&E がこのイチジクを配布し、人気が急上昇しました。元の母木が枯れたため、望ましい CLBC の供給が停止したと言われています。多くの人がこの話を信じていますが、親の木は今でもフロリダ州ゲインズビルに存在すると主張する人もいます。

母木が生きているかどうかに関係なく、CLBC は依然として希少で需要の高いイチジクです。濃い黒い皮があり、丸い空洞に深紅の果実が詰まっています。CLBCはシロップがたっぷり入っていて濃厚で甘いです。この品種を試食した人は、チェリーのような風味と酸味があると言っています。この植物には、通常5つの葉を持つはっきりとした大きな葉があります。ミッドシーズンブルーマーで、フロリダにルーツがあるため、湿気による裂けに非常に強いです。

最初の提供者 Just Fruits and Exoticsより


この非常においしい黒イチジクの挿し木は、フロリダ州ゲインズビルにあるリットマン大佐の木から直接採取されています。次に、大佐はフロリダ州タラハシーのCross氏からそのスタートを切り出し、それが「Black Cross」という独特の名前につながりました。本当の起源は謎のままですが、このイチジクの皮は独特の色をしているため、 Mission, Black Jack, Petite Negri, and Violette de Bordeauxのイチジクとは異なることが確認できます。

Colonel Littman’s Black Crossからは、エキゾチックな魅力でそそられる、皮の黒い大きなイチジクが実ります。ユニークな外観の下にある豊かなルビーレッドの果肉は、甘くて複雑な風味の楽しいブレンドを提供します。木から採ったばかりの状態で味わっても、料理の傑作に変えても、これらのイチジクは常に感動を与えます。

この品種は夏の終わりから秋の初めに収穫を約束し、あなたの庭が甘いお菓子で溢れることを保証します。豊富な収量にもかかわらず、コンパクトに成長するこの木は、狭いスペース、コンテナでの栽培、または庭の景観のアクセントピースとして最適です。

リットマン大佐の黒十字イチジクの木は、その豊富な生産性に加えて、丈夫で回復力のある品種であり、一般的なイチジクの病気に対する耐性を示しています。自家結実性があるため、他家受粉のために2本目の木を用意する必要はありません。1本の木で十分な収穫が得られます。

実り豊かな恵みだけでなく、この木は驚くべき視覚的な表示を示します。緑豊かな深く葉が入った緑の葉は、濃い色の果実と美しいコントラストを生み出し、どんな庭でも目立ちます。

Fruitscaping™ に最適で、ユニークな庭園の美学を作成したり、あるいは単に自家栽培のイチジクを育てて味わうのに最適な、Colonel Littman’s Black Crossは比類のない選択肢です。今すぐ注文して、庭から採れた新鮮な甘くて風味豊かなイチジクの楽しみを楽しみましょう。

イチジク愛好家の声

愛好家A
愛好家A

約 40 種類のイチジクを試すことができましたが、CLBC が最高のものでした。

愛好家B
愛好家B

熟しすぎた果物はダークチェリーの風味が強くなる傾向があります。皮は柔らかくて甘いです。私の評価では 9/10

愛好家C
愛好家C

まるでイチゴのジャムのように、非常に高品質で肉厚で濃厚で美味しい!

有名なアメリカの育苗業者【Figaholics】氏

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

リットマン大佐のブラッククロスは1年間地面に置かれていました。 この品種は、フロリダ州ゲインズビルのリットマン大佐が「ブラッククロス」と呼んだことにちなんで名付けられました。 友人がこれを試しに私たちに分けてくれたので、今年がそれを試してみる最初の年です。 少し遅れて、果物は熟度のピークを過ぎていましたが、果物はイチジクとベリーの風味が組み合わさった非常に甘いものでした。

イチジク畑のColonel Littman’s Black Cross