Figo Preto de Torres Novas

FPdTN

シノニム: Preto Torres Novas
夏秋兼用品種?
果実の大きさ:20~30g
果皮:黒に近い紫に亀裂
果肉:琥珀色~赤
耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北~関東の山間部)
原産国:ポルトガル

フィーゴ プレト デ トーレス ノバスは、ポルトガルでは人気があるにもかかわらず、米国ではほとんど入手できません。元の母木はポルトガルのトーレス・ノバス産であるといわれています。

料理フォーラムの『ポルトガル・オン・ア・プレート』紙が報じたところによると、トーレス・ノバスは「小さくて醜い果物」としてひどい評判を受けていた。黒、紫、緑のひび割れた皮と、20~30グラムという軽さのため、イチジクの世界では負け犬でしたが、味の良さから評価を高めています。

特徴・味・耐寒性・栽培

  • 果実は、20~30gと小さく、果皮は黒に近い紫で亀裂が入り、果肉は赤みがかった琥珀色です。
  • 味は、もっちりとした皮で、種子のクランチ感があり、風味はメロンの香りがあり甘くおいしく料理番組で紹介もされています。
  • 耐寒性:やや強 耐寒性ゾーン:7B~(-14.9~-12.2度以南)(北海道南部一部、東北~関東の山間部)
  • 3裂葉または1裂葉で、涼しい気候でもよく生産できる能力があります。

有名な育苗業者の【Figaholics】

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!

イチジク畑のFigo Preto de Torres Novas