Kathleen’s Black≒ヌアール・ド・カロン

Kathleen's Black

シノニム:Kathleen Black, Kathleens Black, Noire De Caromb? De La Reina?
夏秋兼用品種
果実の大きさ:40g
果皮:黒に近い濃い紫
果肉:赤みがかった琥珀色~濃い琥珀色
耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)
目:小さい
原産国:フランス(アメリカ?)

Takoma Violetを発見した、Kathleen氏の名前が使われているので、“Kathleen’s Black”と名前が付けられたのはアメリカと推測されますが、詳しいことは不明のようです。

しかし、フランスのNoire De Caromb(ヌアール・ド・カロン)と同じと信じている愛好家が多数います。

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、40gほどの中程度の大きさで、果皮は黒に近い濃い紫で、果肉は赤みがかった琥珀色~濃い琥珀色です。
  • 味は、大変甘く、豊かな風味があり、完熟させるとキャラメルの風味も感じられるベリー風味のおいしい品種です。
  • 耐寒性:耐寒性ゾーン:7A~(-17.7~-15.0度以南)(北海道南部~)
  • おいしく、耐寒性もあり、目が小さく雨・害虫に強いため家庭菜園には特におすすめです。
  • 樹上完熟した果実を生食したり、風味と甘さを活かして調理用として、ケーキ、パン、クッキーなどに利用したり、ジャム、コンポートなどにしても素材の良さを実感できる品種です。

イチジク愛好家シアトルのBen氏 2018年Top10

シアトルのBen氏 2018年Top10の10位にランクインしていました。

1位 Ben`s Golden Riverside、2位 Black Zadar、3位 Vincenzo、4位 Col De Dame Noir、5位 White Madeira、6位 Black Madeira JFE、7位 Taoma Violet、8位 i258、9位 Socorro Black、10位 Kathleen’s Black

またその時のKathleen’s Blackの評価を下記のように言っています。

“樹上で熟成させるほどにキャラメルの風味を感じるベリー風味のイチジクです。味は最高でした。この木の上ではまだ最高です。71グラムの主な作物であったという事実を加えれば、このイチジクのこのスコアはこれまでで最高のものの1つとなります。”

Kathleen’s Black=Noire De Caromb(ヌアール・ド・カロン)

アメリカのイチジクの有名オークションサイトで【Figbid】のタイトルで“Kathleen’s Dark cutting/Noire de Caromb K”と同じものとして出品しています。

また、イチジクの愛好家Ben氏が【Ben B Siattle 】のブログの中で、下記のように言っています。

Noire De Carombという名前の別のイチジクもあり、これはKathleen’s Blackと同じであると考えられています。

下の【Ben B Siattle 】のKathleen’s Blackと有名ナーセリーのヌアール・ド・カロンの写真を比較すると、葉と果実の写真がそっくりなので、私も同じ品種と思っています。

【Ben B Siattle 】のKathleen’s Black
有名ナーセリーのヌアール・ド・カロン

イチジク愛好家 シアトルのBen氏

2018年9月10日にKathleen’s Black, Florea, and Palermo Sicilyの3品種の評価をYouTubeにあげていますが、Kathleen’s Blackは12gほどの小さな果実だったため、ひどい評価となっていますが、再度9月18日に71.4gの大きな果実を試食して、美味しさを絶賛し2018年のTop10に入れています。

英語のYouTubeは、「設定」➡「字幕」➡「自動翻訳」➡「日本語」で解りやすくなります!