Lungo del Portogallo(ルンゴ デル ポルトガッロ)

Lungo del Portogallo(ルンゴ デル ポルトガッロ)

シノニム: Lungo del portogall, LdP, Longue De Portugal, Lungo Di Portogallo, Bêbera do Gêres, Caralheto,Caralheto Preto
夏秋兼用品種
果実の大きさ:夏果70〜100g 秋果50g
果皮:黄緑色~黄色に紫の縞
果肉:赤みがかった琥珀色
耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道南部~沖縄より北)
原産国:ポルトガル

特徴・味・耐寒性

  • 果実は、細長い大きなブレバ(夏果)70〜100gが特徴で、果皮は黄緑色~黄色に紫の縞(濃い紫色になることも)で、果肉は赤みがかった琥珀色です。
  • 味は、果実本来の甘みとほのかな酸味のバランスが絶妙で、甘くてジューシーで、濃厚で複雑な味わいです。
  • 耐寒性:強い 耐寒性ゾーン:7A-10B(-17.7~4.4度)(北海道南部~沖縄より北)
  • 気候条件が良好であれば、夏果、秋果とも非常に豊富に実ります。

Lungo del Portogallo 果皮の色の違う動画

果皮の色が違う画像や動画があるので両方掲載します!

イタリア語でポルトガルの長いイチジクを意味します。 ポルトガッロやデル・ポルトガッロのイチジク(元の名前によるとランペイラ・プレタ)とは異なります。 私の考えでは、これはベベラプレタやアベベレイラと同じかもしれませんが、その種類はまだよくわかりません。 精悍なブラックカラーがとても魅力的です。 淡い赤またはバラ色の果肉は中程度から非常に甘いです。

イチジク畑のLungo del Portogallo

【2023/12/11】
まだ幼い苗で判断が付きにくいですが、少し切れ込みの深い5裂葉が展開しているので、果皮の濃い紫色のLungo del Portogalloのようです。
来年の3月に地植えにしようと思っています。